シャープのフィルター自動お掃除機能付きエアコンクリーニング

先日はシャープ製のフィルター自動お掃除機能付きエアコンクリーニング

にいってきました。

201007025.jpg

 

初めての機種ですのでカバーの取り外しにも時間がかかりました。

前面カバーを外して両サイドのカバーを取るのですが、このサイドカバー

がなかなか外れませんでした。この時点で汗だくです。

外してみてわかったのですが本体のカバーとボンドで接着されていました。

なぜ接着されているのか理由はわかりませんが、このサイドカバーを取らないと

カバーはとれません。

ほかには、こんなとこにもと思えるようなところにネジがあるのでカバーの

取り外しには注意が必要です。

 

201007026.jpg

残念ながらドレンパンは取り外さなかったですが熱交換器の取り付けネジをはずして

熱交換器を少し浮かして洗浄しました。

写真は組み付け途中に撮った写真です。

エアコンクリーニング


エアコンクリーニング

20100608.jpg

ホコリ、カビが溜まっていますね。

この機種はドレンパンもとれてキレイに洗浄できました。

送風口のカーブについたカビも高圧洗浄と高圧洗浄が直接あたらない

奥はブラシをいれて洗浄です。
201006082.jpg

エアコンクリーニングのワイズクリーン

ハウスクリーニングのワイズクリーン

店舗のエアコンクリーニングへ

店舗にある業務用天井埋め込み型4方向の

エアコンクリーニングへいってきました。

大分、古いタイプだったので電装ボックスの配線が

複雑かな?と少し心配だったのですが、カバーを

取り外してみると・・・

20100528.jpg

通常あるべきところに電装ボックスがありません。

写真のようにユニットの外側についていました。

電装ボックスを取り外す必要がないので分解は楽です。
201005282.jpg

分解が楽な分、洗浄に時間がかかりました。

店舗ですのでタバコのヤニ汚れなどがあります。

また、アルミフィンの外側は最近のは発泡スチロールですが

これは1センチ厚ぐらいのスポンジですので、この部分にも

汚れが蓄積されています。予想通り、スポンジ部分を洗浄

するとヤニ汚れの茶色い汚水が出てきました。

一通り洗浄が終わると水道水の殺菌にも使用されている

安定化二酸化塩素の希釈液を動力噴霧機で10Lぐらい噴霧

しました。昨年より除菌・消臭の為に噴霧しています。

エアコンクリーニング

 

 


エアコンのフィルター掃除はこまめに

201005142.jpg

家庭用の壁掛けエアコンです。

カバーやフィルター、ドレンパンを取った写真です。

アルミフィンにフィルターを通過したホコリが結構付着しています。

試運転でもファンの回転が重いような感じです。

ファンにもホコリやカビが付着していることも要因ですが、フィルターに

ホコリがたくさんついていました。

フィルターを試験的に外して運転するとファンの回転もいい感じに。

エアコンを頻繁に使用するこれからの時期、フィルターのお掃除を

こまめにすることをお勧めいたします。

内部が汚れにくくなったり、電気代の節約、本体の負担軽減などに

結びつくのでお勧めです。

ハウスクリーニングのワイズクリーン
エアコンクリーニングのワイズクリーン

 


エアコンクリーニング

エアコンクリーニングにいってきました。

一般家庭の壁掛けエアコンです。
20100505_r2.jpg

ドレンパンが簡単に取れるタイプですので取り外して浴室で洗浄します。

ここは、冷房使用時に結露水がたまりホースを通じて外に排出されます。

水が溜まる場所(高湿度)でホコリなどの汚れ(栄養素)もあり温度もカビが

発育しやすい温度ですので写真のようにカビが発育していきます。

ドレンパンが一体型や分解が難しい機種は取り外しませんが、取れない機種も

ブラシや動力噴霧機を使用して出来る限りきれいしています。

 

201005052.jpg

ハウスクリーニングのワイズクリーン
エアコンクリーニングのワイズクリーン

 


業務用エアコンクリーニング

  201004233.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

画像が悪いですがクリーニング前の画像です。

天井埋め込み型4方向で分解して電装やドレンパン、ファン、モーター

などを取り外して養生前の写真です。

写真ではわかりにくいですが、相当汚れていました。

油汚れがなくて良かったですが、タバコのヤニ、ホコリ、カビで汚れていました。

運転するとエラーコードがでて停止するほどです。

エラーコードからすると室内ファンモーターの異常かドレンポンプフロートスイッチの

異常みたいです。

ドレンパンにヘドロ化した汚れが溜まってドレンポンプが結露水を吸い切れないようです。

 

20100423.jpg

この汚れではポンプも吸い切れないでしょう。

201004232.jpg

201004234.jpg

 

今回は熱交換器の洗浄も取り外した部品の洗浄も時間がかかりました。

今回のような汚れからくるエアコンの運転異常もありますので可動時間が長い

お店などは真夏や真冬にエアコンが止まると大変ですので定期的なクリーニングがおすすめです。

業務用エアコンクリーニング